エントリーシートに書くべき志望動機

エントリーシート

エントリーシートに書くべき志望動機

エントリーシートに書く志望動機の適切な文章量と文字数

就活や中途採用の転職活動でエントリーシート・履歴書、志望動機書などで志望の動機などを書くときは、たいていの場合200字~300字の長さでまとめさせる企業が多いのでそれくらいを目安にしても良いかもしれません。

文字数・文字量に気を付けていても、一文を長く書くと読みづらいので注意が必要です。
丁寧に志願理由や自己PRを伝えようとすると、自然と言葉に力が入り、1文が長くなることがあります。
1文の文字数は、長くなればなるほど、分かりにくくなる傾向があります。接続詞でつながった長い1文は、主語・述語・修飾語などの関係が曖昧になりやすいからです。
 文全体の意味を理解するために、頭を使わなければいけないため、読むのが疲れます。1文は、文章量や文字数が長くなりすぎないように注意しましょう。また、略称・略字は使ってはいけません。

例えば、株式会社aa会社とあったとしたら、(株)aa会社と略して記載するのは絶対にNGです。「ゼミ」もゼミナール、「コンビニ」も「コンビニエンスストア」と記載するようにしましょう。
また、志望動機を「箇条書き」にするのも避けましょう。

 

※下記のような箇条書きによる記載はNG!!
・・・・・・
志望動機は以下の通りです。
①・・・・
②・・・・
③・・・・
・・・・・・

72%の企業がエントリーシートに書く志望動機について「企業への熱意」を採用項目として重視

リクルートの行った調査『就職白書』によると、エントリーシートを採用している企業のうち72%の企業が「企業への熱意」を採用項目として重視すると回答しています。
エントリーシート

 

志望動機記載事例についての具体的な記載事例をご紹介します

 

 

鹿島建設株式会社 エントリーシート 志望動機 記載事例

● 志望動機・自己PR

私は人々の生活を支えられる仕事をしたいと思っている。

御社が、制震免震技術等の確かな技術力を持ち、まさに人々の生活の基盤を造って社会に貢献していることに魅力を感じ、御社を志望した。

私はゼミで地域経済論を学び、地域経済が活性化する空間づくりにも興味を持つようになった。

以前札幌駅のJRタワーに行った際に、ビル内のテナントの魅力だけでなくその空間に何かしら居心地の良さを感じ、「また行きたい」と思ったことがあった。

私は、御社の技術力による安全性と快適性に、何らかの魅力を加えてこのような「人が来たくなる」建物や街といった空間を創り出すことで、人の流れをつくり地域経済を活性化し社会に貢献したいと考えている。また、会社説明会のビデオで御社の社員の方がそろって、「仕事は大変」「しかしやりがいがある」とおっしゃっていたことも、御社を志望した理由の一つである。私の部活動では、毎年冬に徹夜で数kgの竹を抱えて約50kmの道程を歩く行司がある。毎回、あまりの辛さにリタイアしたくなるが、普段の稽古で培った自分の体力と精神力を信じて踏破している。

私はこの時に味わった「辛さを乗り越えた後の達成感」が、自分の成長につながるようで好きである。

御社でなら、またこの達成感を味わえると思ったのである。そして私はこの行事を経験して以来、自身の持つ力の「可能性」を信じるようになり、自分の中に「限界」を作らずに挑戦するようになった。

● 志望動機

モノ作りの「現場」で働きたいことが大きな理由です。

そして、会社の規模と過去の施工実績から技術力の高い貴社で働きたいと思います。地下鉄工事の見学では、シールドマシーンや工事概要について丁寧に説明していただき、技術力が高いという印象を持ちました。

また、「技術研究所の規模が一番」「社員を大切に育てる会社」ということを聞き、貴社に対する志望がますます強くなりました。

● 自己PR

研究活動を通じて、継続して知識を蓄えることと時間管理の大切さを学び、主体的に考え、計画的に物事を進められることが身につきました。

また4年間のアルバイト経験を通じて、リーダーは的確でわかりやすい指示を出さなければいけないことを学び、細かくコミュニケーションを取り仕事を進めるようになりました。サークル活動では、陰から後輩を引っ張っています。

昭和電工株式会社 エントリーシート 志望動機 記載事例

● 志望動機

高次元の研究に身を投じることができると思いました。

私は境界領域とされる分野に携わっており、今後もそのような研究を仕事にしていきたいと思っています。

貴社はいまだ確立していない分野の研究にも力を入れております。また貴社の、単に技術力ということだけでなく様々な形での知恵を交換できる環境といったことを含めた研究力の高さから貴社で働きたいと考えました。

● 自己PR

人に考えを上手に伝えることを常に考え実践しています。これは、3年間の塾講師の経験から身についたものです。自分の発言に対する相手の反応をよく見ること、例を豊富に出すなどしていくうちに徐々に伝わるようになり、1年後には理科の科目長を任されるまでになりました。

エントリーシートについてエントリーシートについて

もっと見る

志望動機志望動機

もっと見る

自己分析自己分析

もっと見る